自然農法の4本の柱

自然農法は、人間と自然が相互に尊重し合いながら調和して生きるという一般原則に基づいています。したがって、人間は自然のリズムを変えて生産的な目的を追求することはできません。季節の周期、とりわけ土壌を尊重することが重要です。土壌は不適切に利用されてはなりません。

日本の方法による自然農法は、その基本原則を尊重することにより、トスカーナにある私たちのヴェストリ農場でうまく適用されています。以下でそれらを見てみましょう。

地形と一緒に行く

土地は必要に応じて理解され、耕作されなければなりません。男性は常に土地を耕すのに慣れているので、この原則を実行するのは簡単ではありません。それをより肥沃にするという信念を持って、それを深く働かせること。実際には、他の活動を必要とせずに地球を「機能」させるのは、土壌に自然に存在する植物と微生物の根です。

肥料は使用しないでください

別の広く行われている慣行は、土壌の肥沃度を高めることができる物質を追加することを目的として、土壌を肥沃にすることです。しかし、このようにして、土地の搾取と貧困化の逆の効果が達成されます。自然農法によると、地球には実を結ぶために必要なすべてのものがあるので、化学肥料は使用すべきではありません。

戦うのではなく、野生植物をコントロールする

この3番目の原則は、前の原則に直接従っています。化学肥料を使用してはならないのと同じように、自然発生的なハーブを合成物質に頼って戦ってはなりません。野生のハーブは完全に排除する必要はなく、自然な方法で管理する必要があります。実際、それらも土壌の肥沃度と高潔な生態系の創造において特定の役割を果たしています。

植物の病気と戦うために化学物質を使用しないでください

植物が有害物質に襲われるのは完全に正常です。違いを生むのは、治療の選択方法です。自然農法によれば、化学溶液に頼って植物を自然に反応させてはなりません。私たちがそれを自然に任せれば、彼女はすべてを行う方法を知っています。

結論として、人間と自然の間のバランスの価値が明確に理解されている「臓器の時計」からの短い抜粋。

「…自然や宇宙全体のように、すべての個人は遍在する原理の対象となります。彼はすべてのものの尺度であり、宇宙の唯一の支配者ではなく、そのごく一部、歯車の車輪です。すべてのものがスムーズにリンクされ、調和して調整されている場合にのみ、世界は障害なく進むことができます。すべては相互に依存し、不可解に相互接続されています。1つのセクターが弱体化するとすぐに、この弱点は存在するすべての領域に影響を与えます。

このため、永続的な健康と幸福は、人間が自然と調和し、調和して生きる場合にのみ達成できます。たとえば、エネルギーや資源を利用したり浪費したりすることによって、永続的なサイクルを妨げない場合です。これは、微妙なバランスを損なう可能性のある不調和を引き起こさないように、人は季節の変化、自然のリズム、そして毎年の大宇宙の影響に適応しなければならないことを意味します。自然との調和のとれた共存においてのみ、人は内なる平和と静けさを見つけることができます…」

0
Biodiversità, agrobiodiversità, biologicoIl dono del coltivatore custode