自然農法

忠実に自然の状態を再現す農法

spiga

自然農法は自然のリズムを崩さないという姿勢に基づいています。
なぜなば自然そ自体は既に完全なものであ、ただ自然に従うことに᷿、純粋で自然な農産物が人の手に 戻ってくためです。この原理をもって、大地にそが生産してきたものが可能な限戻ってくのです。
自然農法は4つの基本原理に基づいています。

土地の状態に従い、耕耘をしない
何世紀にもわたって農家は耕耘は不可欠なものと信じてきました。しかし大地は根の伸長作 用、土中の微生物や微小動物群の活動に᷿に働きかけ、また私たちに素晴しいクオリ ティーの農産物を与えてくḃḂのです。大地が非常に硬化したときにのみ掘返し耕耘さなけばなません。

化学肥料、コンポスト不使用
自然を無視した農法は自然肥料の枯渇の促進を引き起こし、養分に満ちた土を弱体化させます。 がままの姿に置かḃḂことで、土はその肥沃さを自保持すのです。

農薬、耕耘機不使用
雑草は自然界のバランス、土壌の肥沃さを保持す上で重要な役割を果たしています。その基 本的な役割のなかで雑草は管理さḃḂべきであ、すべて除草さḃḂべきではあません

化学物質不使用
I
病害虫や病原菌は常に存在しています。しかし化学物質を必要とすまでそḃḀが優勢とな とは決してあません。病気や害虫管理に対す最も賢明な態度は、健全な環境下で土壌を活 性化させ耕作をすことです。そには有機農法で認めḀḃてい物質すも用いḀḃません。

農産物

トスカーナの古代小麦の再発見

spiga

ヴェストリ農園

マヌエラヴェストリが自身の農園を表現します。

spiga

グッドニュース

ヴェストリ農園の最新の事業報告

spiga

お問い合わせ

ヴェストリ農園の農産物の匠の業

spiga
Manuela Vestri